映画「パリ・オペラ座」~夢を継ぐ者たち~2017/10/04

 早くも10月に入りました。昨日から娘は後期がスタートしました。
 月曜日は秋休みでお休みだったので、二人で映画とショッピングへ。

 世界最高峰に君臨する世界最古のバレエ団、バリ・オペラ座の舞台裏にせまるドキュメンタリー映画です。

 世界最高峰のバレエ団のエトワール(トップダンサー)のバレエに対するひたむきさ、ハードな練習を黙々とこなす真摯な姿に感動しました。

 毎日、毎日血の滲むようなハードな練習の努力の賜物が、舞台での美しい舞い、そしてダンサーの息を呑むように美しい身体を作るのですね。踊りに近道は無く、毎日、毎日コツコツと努力をし続けるダンサー達。表現力、演技力、そしてアスリートのような身体を要求されるバレエは、本当に好きでなくては続けられないかも・・・。

 お稽古を一ヶ月お休みすると、元に戻すのに二ヶ月かかり、半年お休みしたら、元のレベルに戻すのに一年はかかるというバレエの世界。

 娘は今のところ、長期のお休みをせずお稽古に通えている事に感謝♪です。

オキシトシン2017/10/10

 最近注目されている脳内伝達物質の一つ“オキシトシン”
 この物質は幸せホルモンとも呼ばれています。

 感情の調整をしてくれるセロトニンとともに不足すると気分が低下しやすいので注意が必要です。

 オキシトシンを増やす方法としては・・・

 ①人に親切にする。ボランティアなども有効

  “情けは人の為ならず”という諺もあるように、人に親切にすると自分の幸せホルモンも増えるそうです。

 ②優しい言葉がけ

  人に意地悪な言葉や態度をとるのは、実は自分の幸せホルモンを減らしているという訳です・・・。気をつけましょう。

 ③スキンシップ

  子どもをギュっと抱きしめたり、手をつないだりするとなんだか幸せな気分になるのも納得です♪

 ④感情を発散させる

  時には、大声を出したり(カラオケなど)、自分の想いを話したりするのは大切なようです。

 ⑤飲み会

  こちらも④と関連しますが、仲間や友人、夫婦や家族で和やかにお酒や食事を楽しむのは、幸せホルモンが分泌されるようです。

  以上、簡単ですが日常生活の中で幸せホルモンが沢山増えると良いですね♪

プチ旅行③♪2017/10/10

 10月の三連休。我が家はほとんど娘のホームスティの準備がメインとなりました。(苦笑~)

 ですが、春に既に予約を取っておいた日航ホテル札幌のバースデープラン♪(私は今月が誕生月)
 8日から一泊でデラックスコーナーツインに宿泊してきました♪ 

 広めの角部屋で高層階から札幌の南方向、東方向が一望出来ました。
 カーテンは自動、アメニティもこれ以上ない位の充実ぶりに感激!!
 
 バースディープランなので、私の名前が彫られた赤ワイン、可愛いくまさんのぬいぐるみ、そしてかぼちゃの美味しいクッキーとバースデーカードがお部屋に♪

 夜は家族3人、夜景を見ながらお部屋でワインを開けておつまみとともに乾杯♪(娘は生パインジュース♪)

 娘からサプライズのオール手作りの写真アルバムのプレゼントもあり(ウルウル)、最高の思い出となりました。

 随分とポンコツになった私を温かく受けとめてくれる夫、娘に感謝♪です。

映画「ユリゴコロ」2017/10/13

 昨日、久しぶりに心にズシンとくる映画を観ました。

 吉高由里子さん主演の「ユリゴコロ」

 「人間の死」に心の拠りどころを見出す、吉高さん演じる殺人犯美紗子の手記を通して物語が展開していきます。

 人間、誰しも死はさけては通れないものですが、それを常に自分に引き寄せて生きていくのか、隣合わせで生きていくのか、距離をおいて生きていくのか、遠くから見つめつつ生きていくのか・・・。
 

 光と影、それが何人も殺害した殺人犯にもあり、過去を隠して愛する人と幸せな家庭を築き(光)、ある男の出現でまた過去に引き戻され、そして愛する息子を救う為にまた殺人に手をそめる(影)・・・。

 主演の吉高さんは勿論のこと、息子役の松坂桃李さん、夫役の松山ケンイチさんの迫真の演技で、登場人物の心の葛藤や悲しさ、辛さに感情移入してしまいました。

 それでも最後は、愛が勝るエンディングにかすかに希望の光が・・・。

 エンドロールで流れるRihwaさんの曲が映画とピッタリとマッチしていて、見終わった後も映画の余韻に浸りました。
 重いテーマの映画ですが、観るなら季節はやはり秋かも・・・。

ハワイでのんびり♪2017/10/24

 昨日は、真冬?のような寒さの札幌でした・・・。↓↓
 出来るだけ雪は遅めの方が嬉しいなあ。今日は一転良い天気でした♪

 我が家の娘は、只今カナダにホームスティ中。
 その間に久しぶりに夫婦二人旅。ハワイでのんびり♪してきました。

 偶然、行き帰りの飛行機が高校生の修学旅行と一緒に・・・。みんな元気いっぱいです。今は公立高校も海外に修学旅行なんですね~。

 今回、宿泊したホテルは“アウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチリゾート”(今年、有吉さん達がテレビ番組で宿泊していました。)

 Aグレードのホテルでありながら、客室数があまり多くなく、プールもビーチもわりと空いていてアクセス抜群。外国人がメインのホテルなので、日本人は二割位かな。
 その分、より外国気分を味わう事が出来ました。 
 プールの横にはジャグジーもあり快適♪
 プールサイドレストランのカクテルと食事は今ひとつの味で残念でしたけど・・・。
 あと二つあるレストランはどちらも改修中でしたが、二つともカジュアルな感じです。気取らずに利用出来そうな雰囲気。

 今回の旅行のレストランは二勝三敗かなあ。(苦笑~)

 到着日にランチをしたのはアラモアナのニューマンマーカスデパート四階の“マリポサ”
 お気に入りだった“ロンギース”が移転してしまったので、そちらにしたのですが、お値段は高級だけど、味が口に合わず・・・残念。
 唯一、食事につくパンは絶品でした♪
 店内は開放的で広く、景色も海が見えて素晴らしいのに、お隣との席が近くて落ち着かず・・・でリピは無いかな。

 到着日のディナーの“ルースズ・クリス・ステーキハウス”は美味♪美味♪でまた絶対に行きたい!!です。お値段はそれなりにしますが、高くても納得!のお味とお店の雰囲気でした。
 ラッキーなことにお店で一番のイケメンのウェイターさんが担当だったことも嬉しかった~。ハリウッドの俳優さんみたいにイケメンでした♪
 ウルフギャングのステーキも美味しいけど、こちらのお肉は本当に噛めば噛むほど味わい深くて、娘も連れて来たいお店。リピートは絶対に有り!です。

 翌日の朝食は、ちょっとリッチにとお隣の“ハレクラニホテル”のレストラン“オーキッズ”で。最高グレードホテルの朝食ということで、ものすごく期待して行ったのですが・・・。これがびっくりする程不味い。
 コーヒーはいきおいよく注ぐので、テーブルクロスに跳ねる、トーストは焦げ気味で出てくる・・・。記念旅行の時などに一度は泊まりたいと思っていたホテルですが、この朝食なら泊まらなくてもいいかなと思ってしまった。
 以前、ハレクラニの別のレストラン“ハウス・ウィズアウト・ア・キー”は大変美味しかったのに残念です。高級ホテルなら、全部のレストランの味、サービスとも気を抜かないでほしいところ。日本ならディナーを食べられるお値段でこの朝食~??リピは無しです。

 その晩のディナーは、イタリアンではワイキキで有名?らしい“タオルミーナ・シチリアン・キュイジーヌ”へ。
 確かに味はそれなりに美味しかったのですが、お値段がめちゃ高い。
 この味でこの値段・・・かあ。
 そしてウェイターさんの対応が最悪。久しぶりに不快な思いをしました。混んでいるからなのか、まだ食事を始めて一時間ほどしか経ってなく、夫のカクテルが七分目位も残っているうちにチェックを持ってきましたっ。(怒)
 ウェイター、ウェイトレス、厨房とも若い人ばかりで、雑な接客にガッカリ。ファミレスやカフェならともかく、高級イタリアンレストランとガイドブックに紹介されているのは?と思ってしまった。こちらもリピは絶対にありません。

 今回は、レストラン運がないかも・・と思って期待と不安半々で行った翌日のレストラン“ビルズ”こちらは大正解♪でした。

 一階が受付で二階へ通されると広々と開放感溢れる店内。
 接客してくれた一階の受付の方、ウェイトレス、ウェイターさん皆さんとても感じが良く、昨日のイタリアンとは大違い(笑)。

 ちょっと早めの夕食で行ったので、丁度ハッピーアワータイム中。
 カクテル、おつまみともお得くになっていて、どれも美味♪特にマイタイがめっちゃ美味でした。(同じものを二杯飲んじゃったっ)

 こちらのレストランは、世界一朝食が美味しい!と世界中のセレブを魅了しているというスクランブルエッグが有名なシドニーのレストランのワイキキ店です。
 リコッタパンケーキも有名で食べてみたかったのですが、なにせすごいボリューム。
 スクランブルエッグとパンケーキは、来年、娘を連れて再訪した時のお楽しみにとっておくことに♪

 
 プールとビーチで夫との~んびり♪昼からビールにカクテル三昧。ビーチチェアで昼寝もし、美味しいステーキも食べ、大人の休日を満喫してきました。