オキシトシン2017/10/10

 最近注目されている脳内伝達物質の一つ“オキシトシン”
 この物質は幸せホルモンとも呼ばれています。

 感情の調整をしてくれるセロトニンとともに不足すると気分が低下しやすいので注意が必要です。

 オキシトシンを増やす方法としては・・・

 ①人に親切にする。ボランティアなども有効

  “情けは人の為ならず”という諺もあるように、人に親切にすると自分の幸せホルモンも増えるそうです。

 ②優しい言葉がけ

  人に意地悪な言葉や態度をとるのは、実は自分の幸せホルモンを減らしているという訳です・・・。気をつけましょう。

 ③スキンシップ

  子どもをギュっと抱きしめたり、手をつないだりするとなんだか幸せな気分になるのも納得です♪

 ④感情を発散させる

  時には、大声を出したり(カラオケなど)、自分の想いを話したりするのは大切なようです。

 ⑤飲み会

  こちらも④と関連しますが、仲間や友人、夫婦や家族で和やかにお酒や食事を楽しむのは、幸せホルモンが分泌されるようです。

  以上、簡単ですが日常生活の中で幸せホルモンが沢山増えると良いですね♪

コメント

トラックバック