手首・足首2017/09/09

 ここのところ、なかなか都合が付かず、アロマ関連のセミナーを受講出来ないのですが、その分ネットで空いている時間に受講しています。

 その中で最近、あらためて手首や足首の大切さを再認識しました。

 首や肩がこると頭まで緊張してきて、その事によって頭痛になってしまう事があります。そのような時、手首をよく回すと頭周辺の緊張が緩み頭痛が緩和されるそう。
 ず~っと講義を受講していても頭が緊張状態で疲れてきますが、そのような時も手首を何回か回すと良いかも♪です。
 授業中、首自体を回すと目立ってしまい、先生に注意されてしまいますが、机の下で静かに両方の手首を回す事なら可能かと・・・。

 同様に足首を回すと、腰周辺や股関節の周辺の筋肉の緊張が取れるそうです。
 
 以前、娘が股関節が痛いということで、整復院に通院していた事があります。そこの先生が「朝起きたら、両方の足首を30回ずつ回すように。」と娘におっしゃっていました。その時は、股関節でなんで足首??と良くわからなかった私ですが、最近セミナーを受講して納得。(笑)

 運動する前に手首や足首を回す事って、実はとても重要だったのですね。

 身体を冷やさないようにするにも首や手首、足首を暖めるのは有効です。これからだんだんと秋に向って涼しくなってくるので、皆さん、首三箇所は冷やさないよう気をつけましょう♪

ライムの香り2012/06/04

 6月に入り、札幌も清々しい良い季節になりました。

 北国の夏は短いので、今週からはよさこいソーラン祭り、来週は札幌神宮際、そして7月はPMF、札幌シティジャズ、8月のライジングサンRFとイベントが目白押し♪

 毎年、この時期になると私はライムの精油を使い始めます。
 レモンより苦味のある少しペパーミントよりの柑橘系の香りが恋しくなるのです。
 フレッシュさがありながら、シャープな香りなので男性にも好まれる香り。イギリス海軍の水兵の愛称‘ライミーズ’もライムの香りにちなんでいるそう。
 
  心を元気づけてくれ、前向きな気持ちにもさせてくれます。
 また、ライムは他の精油ともブレンドしやすいので、お手持ちの精油とブレンドして使用出来ます。

トイレや玄関のにおいも気になってくるこの季節に、爽やかなライムの香りはおススメ♪

 写真は、1日から3日の予定で札幌駅南口で開催されていたキリン端麗グリーンラベルのビア会場にあった‘嵐’のCMに実際に使用されていたガーデンセット♪

 嵐ファンの娘と見に行ってきました~♡

アロマのおはなし ⑮ (有害物質から身体を守る精油)2012/05/30

 久しぶりにアロマのおはなしを・・・。
 (最近は、日々バタバタしていてブログのアップもサボりがち・・・。すみません↓) 

 身体に有害な毒素を排せつする為に有用な精油には、マージョラム、ゼラニウム、サイプレスなどがあります。

 ゼラニウムは、単品で使用すると好みが分かれる精油ですが、ローズ精油などに一滴ブレンドすると良い香りに変身。単品で使用するよりもブレンドした方が良い香りの精油です。
 どれも比較的安価なので、好きな香りを芳香浴で使用すると日常生活に取り入れやすいと思います。
 マージョラムはものすごくリラックスする香りで、精神的な不安からくる頭痛などにとても有用です。サイプレスは森林浴を思わせる木の香りです。有名な‘ノアの箱舟’はこの木で作られたと云われています。

 また、解毒に有用な精油は、ローズ、ジュニパーなどです。
 解毒という点では、ジュニパーの方がすぐれていますが、お子さんに使用する場合は、高価ですがローズ精油の方が安全です。
 ローズの香りは、女性ならばほとんどの方が好まれる香り。高価ですが、様々な有用性がありとても重宝します。

 そしてエックス線の非常に強い浸透から、お肌を守ってくれる作用がある精油がネロリとティーツリーです。(ネロリは以前、詳しくアップしたのでここでは省略します)

 市販のジェルなどにネロリ、またはティーツリーをブレンドすると有害物質からお肌を守ってくれるのでこれからの季節にお薦めです。

 精油から話がそれますが、クリスタルの中で放射能からの保護作用が一番あると云われているのがオパール。チョーカーにすると丁度のどの辺りを守ってくれるので良いと思います。私もチョーカーサイズのものを一つ持っています。

 入浴剤では、オーラ・ソーマ商品の‘’シーウィードミネラルバス‘’というものがあります。
 これは、飛行機に良く乗る人やコンピュータを長時間仕事で使用する人、放射能や携帯電話に長時間接している人の身体から毒素と放射能を取り除くのを助ける入浴剤です。

 150mlで3,500円とお値段は高めですが、屋外に長時間いた日のみ使用するだけでもかなり違うと思います。
 キャップ1~2杯を入れてゆったりと浸かります。(出来れば20分位)
 これは私個人の感想ですが、シーウィードミネラルバスをバスタブに入れ入浴すると、かなり心身のエネルギーバランスが回復する感じがあります。香りは優しく穏やかな柑橘系。もちろん、お子さんと一緒でも大丈夫です。

 今も不安に思っているママ達の参考に少しでもなれば・・・。

ひのき精油&ルイボスティー2012/01/23

 今冬の札幌は本当に寒いです。寒さには慣れていてもさすがに連日こう寒いとね・・・。
 毎年、冬になると自分の中で今年の冬はこれ♪と集中して使う精油があります。
 今年は“ひのき”がマイブーム。バスソルトと混ぜてお風呂に使うとひのき風呂のようで良い気分♪娘も大のお気に入りです。
 あとはアロマミストに入れて、空気の浄化などに使っています。

 ひのきの精油はリラックス効果があり、抗菌、消臭作用もあります。
 日本人にはとても馴染みのある精油なのでお薦め♪
 そして今冬は、例年にも増してルイボスティーを愛飲してます。
 一昨年位から時々飲んでいますが、昨年まではハーブコーディアルの方を好んで飲んでいました。今年は、ルイボスにローヤルゼリーを入れると美味しい事を発見!ルイボスティーにはまってます。(笑)

 これから2月末までは、まだまだ寒さが厳しい時期。
 自分のお気に入りを味方につけ、寒い時期をなんとか乗り越えたいです。

アロマのおはなし ⑭ (頭痛の緩和にお薦めの精油)2011/10/12

 頭痛に有用と言われている精油の代表的な精油は、ペパーミント、ローズマリーなど。この二つの香りはどちらもスーッとする香りで気分がすっきりします。ただし、意識がはっきりとする香りなので夜にはあまりおすすめできません。(目が冴えてしまうので)

 ストレスが原因による頭痛には、ローズウッドやスィートマージョラムがおすすめ♪こちらはとてもリラックス効果の高い香りなので夜にも使えます。以前ブログにアップしましたが、セロトニンを増やすことによってストレスが軽減→頭痛の緩和ということも言えます。
 
 セロトニンを増やす鎮静作用のある精油としては、
 カモミール、ネロリ、ラベンダー、マージョラムがあります。香りは人それぞれに好みがあるので、頻繁に頭痛が起こる方は、この中で好きな香りを寝る前の芳香浴に使用すると良いと思います。

 実は、女性が生理前、あるいは生理中におこる頭痛にもセロトニンが関係しているそう。女性ホルモンが分泌される時に神経伝達物質のひとつであるセロトニンも消費される為に、セロトニンが少ないと頭痛になったりするそうです。
 
 セロトニンは、ストレスを消すためにも頭痛にならないようにする為にも大切なのです。
 このセロトニンの原料となる食品は、納豆、豆腐、豆乳などの大豆製品。
 
 段々と寒くなってきて鍋料理が恋しい季節には、豆乳鍋に豆腐をたっぷり!が良いかも♪