映画 「糸」2020/10/02

 昨日の1日ファーストデーは娘と映画館へ。

 中島みゆきさんの名曲を映画化した感動作。
 涙活にはお薦めの作品という位、娘も私も泣きました。(苦笑~)

 菅田将暉さんと小松菜奈さんの演技も大変良かったですし、子ども時代を演じた子役の二人の演技もとても自然で好感が持てました。

 お互いに想いつつもすれ違う二人ですが、最後は結ばれてハッピーエンド💛
 恋愛物はやはりハッピーエンドが良いですね~(⌒∇⌒)

 恋愛ものではありますが、平成というひとつの時代に起こった事件や災害もストーリーに織り交ぜてあり、色々と考えさせられました。

 平成のスタートの日本はバブル全盛。その後バブルが弾け就職氷河期や同時多発テロ、東日本大震災、台風被害と色々悲しい事がありましたね・・・。

 平成の時代に格差が一層広がり、令和の時代に入っても社会的弱者や立場の弱い小さな子供やお年寄りが犠牲になる事件のニュースが多くて悲しくなります。

 一つの希望は今年12月22日からは、ラッキースター木星が水瓶座に移動。
 今後250年間続く「風の時代」がやって来るそう。

 これまでの250年間続いたいかに多くのモノを持つかで豊かさが決まり、地位や権力、世界を牛耳る権利が決まっていた時代が終焉する。 地球の問題が大きな宇宙の変化により、良い方向に変化していく事を願います。

 個人的には、宝塚雪組咲ちゃん💛の先日の舞台の中の劇中歌のように、
 ~いつも一生懸命、力の続く限りいつも一生懸命生きて生きていく~しかないかない!!ですね(^^♪

コメント

トラックバック